2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SKOKD

偉そうにGuest DJなどになってしまっていますが(汗

お時間あれば
ぜひSekiさんおよびOKDくんやレギュラー陣ら、
プロの遊び人たちのプレイを聴きにいらしてください

レコード限定とのことなので、
自分も土曜日にレコード倉庫へ久々に行って
出来る限り漁ってこようと思ってます



B-sai2.jpg


SKOKD @ 渋谷32016(梅ちゃんbar)

June 4th (Sat), 2011
Open: 22:30
Free of charge (JPY1,000 for 1st drink)

東京都渋谷区渋谷3-20-16 ニュー栄ビル3F(1階に【ニュー信州】)
※渋谷駅前の246と明治通りがぶつかるとこにある山下書房の裏あたりになります。ドアには"32016"と書いてあるだけですが、躊躇せずドアを開けてお入りください。


Guest DJ
DAI KURIHARA (CIRCULATIONS) Vinyl Set

DJs
T.Seki (Sounds Of Blackness)
OKD (Jazzy Sport)
Soutaro
MONGOL

Food
にくの十八屋


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m


スポンサーサイト


| Events | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エネルギーと原発のウソをすべて話そう

51b0fIInO5L.jpg
武田邦彦
エネルギーと原発のウソをすべて話そう
産経新聞出版



1日に300~400,000アクセスあるという
人気ブログを展開中の武田先生が

立て続けに発刊する原発本の最新作が

6月1日発売です



原子力委員会専門委員と
原子力安全委員会専門委員を歴任してきた武田先生が

政府や省庁、保安院や東電などに住まう
原発マフィアや自己保身者が塗り固める嘘八百を

人道的立場に立ってバッサリ切り落としてくれることでしょう



今回の原発にまつわる出来事では、

「人体に影響はない」だの<地産地消>だの、
果ては国民のための政府が情報を隠匿したり
自治体が特定の人々の利権を守るために動いたりと

現代日本社会に巣食う
旧態然とした大人の世界の論理が

最悪のかたちで吹き出してきています



未曾有の事件が起き、
否応なしに全国民が巻き込まれたのに、

いまのところそれが革命の足がかりになる予兆はありません



リーダーの決定的不在のなか、

自身の科学者生命を賭して
正義を声高に叫ぶ武田先生を

せめて書物の購入を通じてサポートさせていただきたいと思います!







こちらも合わせて購入させていただきました↓







今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Books | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Affine pres. What A Fine Mess We Made

cover_what_a_fine_mess_we_made.jpg
VA
What A Fine Mess We Made
Affine
AFF006
What a Fine Mess We Made - Various Artists



ヴィエナのクルーとともに歩み続ける
ステキなブティック・レーベルAffineから

陽気で実験的、エネルギーもいっぱい感じられる
素晴らしいコンピが登場です!

Dorian ConceptとThe Cloniousの二大巨頭に、
若手Cid Rim、
彼ら3人が在籍するバンドJSBLなど

レーベル・アーティスト以外にも、
リミキサーにCosmin TRGとKrtsを迎えています!

そしてAffineの新人、
Zanshinの"Drown"が素晴らしかったです!



Cid Rim - Dark Cide Rymbal








Zanshin - Drowm











今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Beats | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Africa Hitech - 93 Million Miles

Cover_20110521181049.jpg

Africa Hitech
93 Million Miles
Warp
93 Million Miles - Africa Hitech



Harmonic 313のアルバム制作からダブステップに傾倒し、
自分のルーツでもある
UKベース・ミュージックへと舵をきっていたMark Pritchardが、

マブ達Steve Spacekとともに組むAfrica Hitech

遂にアルバム・リリースです!



これまでのシングルで見せた
雑食デジタル・エスノ・ダンス・ミュージックを更に押し進めた、
完全に独創的な世界になっています

Markのトンデモ技術に
エスニックなリズムやダブ、アシッド、Sun Raまでも混ぜ込んだ、
異様ながらも見事に纏まっている奇作

もちろん爆音完全対応

これだけごった煮で奇妙な音楽ですが、
ストレートにからだに伝わるから不思議です

ベテラン2人による熟練の技!



CD           MP3









今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Beats | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sick Team

artworks-000007439280-wwvlvx-original.jpg

Sick Team
Sick Team
P-VINE/Jazzy Sport
PCD-93407



BudamunkとMabanuaの"Gone"、中毒になりますね!

そしてBudaがS.L.A.C.K.とISSUGIとともに結成する
話題のSick Team、

遂にアルバムがリリースされます!

SickTeam.jpg

ワルそうなビートにワルそうなラップの
骨太煙たマッド・ヒップホップ!

6月2日発売です!

Sick Team album teaser by jazzysport




Sick Teamの日本赤十字チャリティ・シングルはこちら↓
Sick Team - 逆境 逆境 - Single - Sick Team



Budamunk "Gone"収録の『Smoke Deep』はこちら↓にてDLできます




"Loungin'"含むこちら↓もおススメ!
Budamunky - Mokstrumentals, Vol.2 Mokstrumentals, Vol.2 - Budamunky


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Hip Hop | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Reggie B - The Real / Doraconian Reign

Reggie Bのインスト新曲が2つ、
フリーダウンロードで公開されました

The Real by reggieb18

Draconian Reign by reggieb18

ソウルやフュージョンまでを横断する
黒さと優しさが同居するワンマン・バンド・ファンク!



Kan Sanoもそうですが、他にももちろんDorian Conceptなど
作れて弾ける人が何人かいますが、

当たり前のことですが
みんなそれぞれで表現がこうも違うんですね!


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| CIRC - Reggie B | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Onra 30th birthday party

onra_30th.jpg

Cosmopolyphonic presents
ONRA 30th Birthday Party @SECO
“Special DJ set by Onra”

May 25th (Wed)
Open 19:00
Close 23:00
Charge \1,500 w/1D


Onra
Dai Kurihara
DJ MASASHI from The Astronotes
RLP
mfp
sauce81


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Events | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Stephan Micus

震災後は
こころの襞が荒れていたり、
複雑に入り乱れた現実に向かい合わざるを得なかったりと、
なかなか音楽に向かい合い辛かったですが

GWでしっかり時間を取ることで、

やっとではありますが
自分の内面に入っていける整理がつき始めた気がします



その期間は、
自宅にある音楽をいろいろと聴いていたのですが、

殊にStephan Micusの音源を頻繁に漁っていました

Stephan+Micus.jpg



もともとは10年くらい前にCALMからこれ↓教えてもらい、



そこから自分のStephan Micus買いが始まりました
(深ちゃん、良い音楽教えてくれてありがとう)



16歳でアジアへの放浪の旅を開始し、

アジアとヨーロッパを中心に
世界中の伝統楽器の現地マスターに師事して習得してきた
マルチ・インストゥルメンタリストです



彼がすごいのは、
そうした楽器や固有の伝統音楽に飲み込まれず、

それを完全に自分の世界、唯一無二な音楽を作り出している点です



ツィター、
ハンマーダルシマー、
サーランギーやタンブーラ、
素焼の瓶、
独自に開発したギターなどなどに加えて

尺八や笙、
さらには自分の声も使ってオーバーダビング

各地で鳴らし続けられてきた歴史の音色を融合させ、
旅で見つめてきた自分自身と世界の営みを還元することで

時空を越えた音楽を奏でる術を習得しています



尺八のマスターはいろいろいるでしょうし、
平穏や厳しさの境地に達した方は他にもいらっしゃることでしょう

実際それほど尺八の深みを垣間みた経験も浅いのですが、

彼ほど高みを表せる人はいるんでしょうか



Stephan Micus - Twilight Fields, Part 4









"Pt. 1"および"Pt. 4"が激ヤバ!


ジャケからして楽器がヤバい!
なんなんでしょうか、この楽器!?



これも素晴らしい


ほかにも名盤だらけ!





ここ最近の音源、というか90年代以降のものは聴いたことがないので、
今年残りを使って徐々に聴き進めてゆき、

生き方をひとつ学びたいと思っています



今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Other Music | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RBMA SonarDome Line-up

ダイスケくん、
2回目のユーロッパ巡礼いってらっしゃい!



logo-sonar.gif


2011 sees the seventh year of collaboration between Sonar and Red Bull Music Academy, which is undoubtedly one of the world's most important trackers of global talent.

And for the third consecutive year, the Red Bull Music Academy is responsible for curating the SonarDôme stage, at Sonar by Day, which completes its line-up with the inclusion of 12 new artists, in addition to the 14 announced previously.

A total of 26 shows by artists coming from 13 countries over 3 days (16, 17 and 18 June) in a unique mix of live music, global rhythms and a controlled chaos of melodies and acts with very different origins and and styles.

The headlining shows by Katy B, The Brandt Brauer Frick Ensemble, Zinc and Discodeine, are joined now by these new additions such as the young North American beatmaker 00Genesis; the Romanian hitek house producer Cosmin TRG; the legendary British reggae dj David Rodigan; the Spanish beatmakers Niño and Debilorithmicos, and one of Spain's best djs Carlos Hollers; the New Zealand band Electric Wire Hustle; the dreamy house of Japan's Hiroaki Oba; the danceable rhythms of San Soda; the native hip-hop of Matador Rockers and Pai Mei, the new leading lights in the Del Palo collective.

This is the definitive line-up presented by Red Bull Music Academy at SonarDôme:

00Genesis (Rxlngr/US)
AEIOU (Universal/MX)
B. Bravo (Frite Nite/US)
Carlos Hollers (Goad Rec/ES)
Cosmin TRG (Rush Hour/RO)
Daisuke Tanabe (Circulations/JP)
David Rodigan (Kiss FM/UK)
Debilorithmicos (Molts Records/ES)
Discodeine (Dirty/FR)
Electric Wire Hustle (BBE/NZ)
Hiroaki Oba (BITB/JP)
Illum Sphere (Hoya:Hoya/UK)
Jullian Gomes (G. Family/ZA)
Katy B (UK)
kidkanevil (First Word/UK)
Matador Rockers (Del Palo/ES)
Niño (Donky Pitch/ES)
Pai Mei (Del Palo/ES)
Poirier feat. Boogat (Ninja Tune/CA)
San Soda (We Play House/BE)
Star Eyes (Trouble & Bass/US)
Teebs (Brainfeeder/US)
The Brandt Brauer Frick Ensemble (!K7/DE)
Tiger & Woods (Running Back/Outerspace)
Venice (Gomma/IT)
Zinc (Bingo Beats/UK)



今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| CIRC - Daisuke Tanabe | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひらがなで読めばわかる日本語のふしぎ




「目・鼻・歯」と「芽・花・葉」

日本語を
<モノ>で分類するのでなく、
<はたらき>で分類することで

現代の視点からはみえてこない、
やまとことばが本来持っていた精神性や

逆に現在でも息継いでいる言葉の
元来的意味を解読する書物です

日本語をひらがなで考えることで、
つまり音の類似性というか同一性から出発して

それが意図する根本まで
掘り下げていきます

そうすることで、
やまとことばが持っていた
こころの豊かさに触れられるようなつくりになっています




本のなかでは、
いくつもの美しいことばやその裏の精神が
紐解かれていますが、

敢えてそのなかからひとつ、
「むら」についてご紹介します



農耕民族の日本人は
定住が前提になっています

田畑を耕し
食物を生産する

しかしそれは自分ひとりの力ではできない

皆で「むら(群)」がって暮らすことから
その集まりを「むら(村)」と呼ぶようになったというのです



村の一員でなければ生きていけなかった

慣れ親しんだ群がりの生活を捨てることは
大変な決意を伴う、苦しく辛い行為だったのです



戦時中の竹槍精神や

終身雇用や年功序列などに代表される、
現代での集団を重んじる国民性

そういったもののルーツは、
農耕民族として<助け合>って生きてきた
歴史にあるのかもしれません

また3.11以降、
手のひらを返した原発のクソ専門家たちは、
こうした国民性が間違った方向に触れきった
最悪の例ですね

自分たちが半生をかけて学んできたものを、
今ここで発揮しないなんて
なんて愚かななんだ

そういう人たちの一生ってなんなんでしょうか

<偽り>を仕事とするなんて
自分だったら吐きそうになってると思います

武田邦彦さんのブログ記事「原発七不思議 神になった専門家」を読んで思いました




…と、
ネガティブなパワーを引き出してしまいましたが(汗

本自体には美しさと気づきが詰まっているので、
もしご興味あるかたはぜひ!



今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Books | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。