PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VA - Cosmopolyphonic

cosmo_comp_cover.jpg
VA
Cosmopolyphonic
Art Union
ARTUP006
Cosmopolyphonic




Cosmoのコンピ、10月27日発売です!

CIRCから、タナベダイスケ、佐野観、Super Smoky Soulが参加です!

ここ数年かけて積み重ねてきたCosmoの活動が、
背伸びなく、強力な繋がりで紹介されてます

お楽しみに!


1. RLP / Six feat. Kez YM
2. Devonwho / tradewinds
3. ICHIRO_ / HUHU (vimeo)
4. Fujimoto Tetsuro / Avoyager
5. diyTokion / Fonknoir
6. mfp / digital love feat. Sarah Linhares
7. The Astronotes / Moonrise
8. fitz ambro$e / Grila Swing
9. SUPER SMOKY SOUL / Hidden Stage
10. Onra / Roger's Waltz (SoundCloud)
11. Pepin / Mercury
12. Monkey_sequence.19 / Plummer jolly_
13. sauce81 / spaceshi*!
14. TOKiMONSTA / YO B!
15. Pursuit Grooves / Do What You Feel
16. Kay Suzuki / Move On feat.Duchy (Cosmopolymix)
17. Daisuke Tanabe / Invasion feat. May Roosevelt
18. Kan Sano / Elements Of Notice

RLP
東京の次世代ビートサイエンティスト。サンプリングとエレクトロニクスが有機的に融合したコズミックかつソウルフルなサウンドを展開。Jay Scarlettにフックアップされたことにより 国内外のDJやビートヘッズの話題を集め、Amp Soul Generation、Vibes & stuff等、海外のラジオやポッドキャストでも度々デモ楽曲がプレイ、Basic Soulではゲストミックスも行っている。 2008年にリリースされたreplifeの"The Unclosed Mind"(futuristica/UK)にて、Dego(4hero)、Kaidi Tatham(Bugz In The Attic)等、大物プロデューサーらとともに2曲プロデュース。Onra、 Dorian Concept、Fulgeanceとの共演、Called Understandable Souls、TOKiMONSTAなど国内外多数のアーティストのリミックスワークを担当するなど、ビートシーンからの厚い信頼 を得ている。

TOKiMONSTA
FLYING LOTUS主宰レーベルBRAINFEEDERに所属するLAベースの女性アーティスト。7月にLISTEN UP / ART UNIONからリリースしたファーストフルアルバム "MIDNIGHT MENU"は世界を巻き込み話題になっている。今年秋にはLAが世界に誇るBEATイベントLOW END THEORYの日本開催にも参加が決定している。
ICHIRO_ : 忽然とそして必然に現れた世界基準トラックメーカーでハイボール好き。演奏するようにPCを扱う姿はBB-KINGがギター弾くが如し。ART UNION内MOAMOOからリリース されたAS VALET-PRIMITIVEにリミキサーとして参加している。

Fujimoto Tetsuro
Jazz, Soul, Funk, Brazil, Hip Hop, House等、様々な音楽を吸収し、独特の感覚で、独自のクロスオーヴァーミュージックを展開。バルセロナのユニットBeatspoke や、オーストラリアのEd SevenのRemixを担当し。また、Aroop Roy 監修のコンピレーションアルバム "absolute!! Sounds From Tokyo"にも参加。国内外問わず、様々なRadioshowや MixにPick Upされている。2010年より"cosmopolyphonic radio"に参加。 次世代のフレッシュな音をプロデュースすると同時に、世界へと発信している。

KanSano
バークリー音楽大学ジャズ作曲科を卒業し、キーボーディストとしてCOMA-CHI、TWIGY、佐藤竹善、押尾コータロー、小西康陽、 羊毛とおはな、 mabanua、Miki Miyamoto、島村智才、Yolisなど様々なアーティストのライブ/レコーディングに参加。 また、トラックメイカーKan Sanoとして世界最大規模の コンピレー シ ョ ン 「メ ル セ デ ス ・ ベ ン ツ m i x e d t a p e 」や ド イ ツ の j a z z & m i l k r e c o r d i n g s 、 u b e a t r e c o r d s 、 p r o j e c t m o o n c i r c l e 、 イ ギ リ ス の s o u l u n s i g n e d r e c o r d s な ど 、 様 々 な ア ン ダ ー グ ラ ウ ン ド ・ ク ラ ブ ミュージック・ レーベルのコンピレーション・アルバムに参加 。世界的 に有 名なDJジャイルスピーターソンのラジオ番組「WorldWide」で紹介 され、注 目を浴 びる。2010年3 月27 日、金沢 在住のソロギタリスト石 川 征 樹とピアノとギターの 完全即興演奏 によるアルバム「共鳴」をリリース。ウィンダムヒル・レコードのウィリアムアッカーマン氏か ら絶賛 される。

The Astronotes
それまではドラムンベース製作に精を出していたマサシとノセのデュオ。2003年頃よりヒップホップに心酔し現在に至る。4luxから数曲をリリースし現在はファーストア ルバムを鋭意製作中 。

mfp
MPCを武器に、トラックメイキングを始める。 高校卒業後、海 外に移住。現地でのライブ、ラジオ出演等を果 たし、その 他様々 なアーティストへの楽曲提供やコラボレーションを実現。 帰国後、HipHopユニット Stilla-mode を結成し、2009年に全国発売されたアルバム"Lovexperience"をトータルプロデュース。Jay Scarlettの Amp Soul Generation Radio や、 Cosmopolyphonic Radio 等 に楽曲を提供し、その後自身もCosmopolyphonic Radio クルーとして参加。国内外問わず積極的に活動を行っている。09年8月にはICHIRO_とのスプ リット12INCHを[OILWORKS Rec]よりリリース。

diyTokion
2001 年よりdiyTokion(ディーアイワイトキオン)として活動開始。活動初期からの盟友Q-ILLへの楽曲プロデュースやライブにおけるオリジナリティーは高い評価を受け、 The Pharcyde、Slum Village などとも共演。 音 源としてはこれまでにアナログE P「Tokion Lab.Vol.1」(2005)、「Tokion Lab.Vol.2」(2007)、フルアルバム「This Is How We Feel About Modern Day Sounds.」(2007)をリリースし、その他、人気コンピレーションアルバム「saudade# -cocomo-」(2008)などにも参加。2010年秋には待望のニューアルバムをリリース予定。フ ァンクネスとクールネス、ビートとハーモニーの新 しい可能性をバンドというスタイルで探り続けるその斬新なサウンドは、音源においてもライブにおいても他に類を見ない独自の世界観 とグルーヴを産み出している。

Fitz ambro$e
捻くれたシンセに彩られたマッドな80's感覚溢れるビートを叩き出すカナダ人ビートメーカーのfitz ambro$e。TEAM DOYOBIのAlex Peverettらが主宰するレーベル ?ICASEAのコンピレーション"AUDIO DATA BANK 001"にdevonwho(Klipmode/All City)とのコラボ作'XXX'が収録、devonwhoの"Thumbtracks Remixes Vol.1"にリミキサーとして参 加、EU のウェブラジオMondayjazz へのミックス提 供やcosmopolyphonic、92bpm 、YesYesYallをはじめ国 内 外のポッドキャスト/ミックス、ブログなどでも度々 紹介されるなど、その中 毒 性の高い楽 曲は世界中のビートジャンキーを虜にしている。2010年 に仙 台より東京 に居を移し、cosmopolyphonicクルーの 一員としても活動を開 始した。

SUPER SMOKY SOUL
東京からビートを発信するプロデューサー集団。2007年、現在進行形のビート・ソウル集『Cycling』をリリースして話題となり、Rush Hourからリリースされたビ ート・ミュージック金字塔『Cinnaman and Jay Scarlett present Beat Dimensions Vol. 1』に参加することになる。Gagleの最新アルバム『3 PEAT』ではプロデューサーとして大抜擢。英 Fat City のコンピ『Producer 1』にも楽曲提供している。

ONRA
ベトナム系フランス人ビートメーカー、Onra。Quetzalとの共作“Tribute”、Byron The Aquariusとの共作“The Big Payback”、その名を世界に知らしめた“Chinoiseries”等のアル バムをリリースし、2008年にはバルセロナで開催された、権威あるRed Bull Music Academyに選出される。2009年のジャパン・ツアーも記憶に新しく、今年リリースされたばかりの "Long Distance"は世界中で賞賛され、ヨーロッパ全土、カナダなどにライブで招聘されている。今秋にはアメリカ25カ所のツアーが控えている。

Pepin
現在盛岡で活動しているDJ/Beat Maker。Cosmopolyphonic Radioや海外のラジオショーでも度々楽曲がプレイされ、2010年3月にリリースされたMONOm.i.c/Drop By Drop にリミキサーとして参 加している。

Monkey_sequence19
松竹梅 からの 7inch『Return of the Super People』、続くNOAH Feat. Blu『Just Relax Another Remixes』(Wonderful Noise)でのRemixワークで、サンプル を巧みに使った新世代のビートマナーを提示し、ビートシーンの話題をさらった仙台の超新星ビートメーカー Monky_Sequence.19。若干20歳にしてDJ Watarai、DJ Mitsu the Beatsな どの百戦錬磨のベテランに交じりRHYMSTERのニューアルバム『マニフェスト』への楽曲提供を果たす。更にはCOMA-CHIの新作アルバム『Beauty or the Beast』に参加、タイトル曲を 担うなどその活躍の場を広げる。そして、Wonderful Noise Productionsより待望のフルアルバム『Substantial 12 Monkeys』をリリース。 J DILLAからの愛情を受け、FLYING LOTUS の洗練を受け て育った日 本のニュー・ビート・ジェネレーションからの 世界への 回答。

Sauce81
Red Bull Music Academy 2008に日本人として唯一参加し、Fatima、Nino Moschella、Dorian Concept、Onra、Pursuit Grooves等と意気投合しレコーディング/セッション をする。”Cosmopolyphonic Radio”主催。日本の新しい才能を発掘し、世界に向け発信。同じように地球の裏側で”今”鳴っている音を日本にも紹介。Onra、Pursuit Grooves、Teebs、 Andrew Meza等の来日をサポート。国内外のパイプ役として暗躍している。

Pursuit Grooves
ブルックリン在住の女性ビートメイカー / MC、Pursuit Grooves。"BEAT DIMENSIONS" (Rush Hour) に楽曲が収録され、2008年には Onra、Dorian Concept、 Teebs 等と共に Red Bull Music Academy へ招待される。シンセやドラムマシンを用いたヒップホップ仕込みのそのタフでエネルギッシュなライブ・パフォーマンスで、Brainfeeder NY や The Loud Minority、更に今年は、Sonar Festival 2010 へも出演。Skream、Benga、Flying Lotus 等のリリースでも知られるレーベル Tectonic から "Fox Trot Mannerisms" を 引っさげての先 日の来 日も記 憶 に新しい。

Kay Suzuki
ロンドンを拠点に活動する日本人プロデューサー/DJ。ソウル、ジャズ、ファンク、アフロ・ビート等の生音楽からデトロイトテクノやハウス等の現代の電子音楽まで、その時 代や都市 のメッセージ・精神性が 反映された文化的 ダンスミュージック全般 に多 大な影響を受ける。 2007 年にBBC受賞パーティ・レーベル『CO-OP(Coopr8)』からデビュー・リリースを果たしてからはイキギリス国内のレーべルを中心にリリースを量 産し続け、プロデューサーとして世 界的な著名DJやプロデューサー達からサポートを受ける。2010年6月からは自身のレーベルround in motionを立ち上げアルバムをリリース。南アフリカからヨーロッパまで世界各地で 注目を集 める。

Daisuke Tanabe
1975年生まれ。二十代中頃に渡英、音楽の道へ。アッティカ・ブルースのトニー・ンワチュク主宰の画期 的イベントにて評判になり、同イベント発のリリース 『Burnt Progress 1.1』で日本へ逆輸入され話題に。ニンジャ・チューンのアーティスト:ゼロDBのからソロ・リリース。かねてから評価を受けていたジャイルス・ピーターソ ンからの依頼で、彼のにて名物コンピ第2弾『Brownswood Bubblers 2』に参加。彼のラジオ番組では2006 All Winnersに選出された。2009年にはClark(Warp)ジャパンツアーに抜擢、アンコールの喝采を浴びる。雨音や咳、タップダンスなど日常の 音に着想を得て、その音感を素直にエレクト ロニクスに反映。ピュアな音楽スタイルで好感を集めている。今年1月にCirculationからリリースされた『Before I Forget』にはMonday 満ちるがゲストで 参加。2010年ロンドンで開催され たRed Bull Music Academyへ招待された。


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Beats | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://circulations.blog26.fc2.com/tb.php/416-3277102c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。