PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アキラの地雷博物館とこどもたち

PC160837.jpg

カンボジアに、私設の地雷博物館があります

博物館と言っても
掘建て小屋のような、
手作りの施設です

運営は全て、寄付によって賄っていました



運営者はAki Raさんという方で、

展示している地雷、不発弾、銃、軍服などなどは、
すべて彼自身が自分の手で採集したものです

Aki Raさんは、個人で地雷除去を行ってきました

その数、
30,000個とも言われています

aki-ra.jpg



自分たちほとんど全てにとって、
特に平和ボケしたぬるま湯のなかのカエルである我々日本人にとって

Aki Raさんの幼年期はあまりにも壮絶でした

5歳でポル・ポト軍に両親を殺されたあと、
少年兵として

クメール・ルージュ

ベトナム軍

カンボジア軍

と、10年に渡り
ジャングルでの泥沼の内戦を生き抜いてきました

幼少期から戦闘に明け暮れていたため、
「世界中、どこもこんなものだろうと思っていました」
と思っていたというから、
環境が与える影響の強さを思い知らされます

どれだけ過酷で、狂った戦場だったのか…
人間はどれほど残酷になりえるのか…

個人の生々しい記憶が、この一冊に記録されています






10歳からひたすら戦い続け、
10,000個もの地雷を自らの手で埋めてきた彼の人生は

UNTACの発足により劇的に変化していきます

明日へ続けます



今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Books | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://circulations.blog26.fc2.com/tb.php/492-bdb4cdbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。