PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アキラの地雷博物館とこどもたち 3

博物館を作ろうと思ったものの、
それには資金が必要

州知事、軍隊、金持ち、お偉いさん

誰に頼んでも協力者はおらず

逮捕されて独房へ入れられたこともあるそうです



他人が作らないのなら、一人で建てよう!

しかしそう決意したAki Raさんは、

「こどもたちのためにもなるんだし、
自分はいいことをしているんだから
笑われてもいい

こんな博物館はいらないと言われてもいい

見に来るお客さんが少なくてもいい」

と、UNTAC時代やガイドの仕事で貯めたお金を元手に
博物館の創設に向けて動きだします

その間、毎週毎週
地雷を掘り当てる日々

やがて開館した地雷博物館は、
口伝てに世界中へと知れ渡っていくのです



邪魔されてもくじけない不屈の精神

自分の人生を自らの意志で決定している人は
これほどまでに強く、
愛に満ちているのですね




その後も地雷処理は続きます

あくまでも個人なので、
かかる経費は全て自費

これらは博物館のお客さんや
支援者からの寄付で賄ってきています



また、博物館では
戦争で親を失った孤児や
地雷で手足を失った子供らを預かり養育しています

学校での教育を促しながら、
そうした子供達の自立をサポートしているのです



以前、地雷博物館は
アンコール観光の拠点シェムリアップの中心にありましたが、
諸事情により閉館しました

現在はバンテアイスレイの近くでリオープンしていて
施設もとてもきれいになっているようです

バンテアイスレイは保存状態がよく、とてもキレイな遺跡です

シェムリアップからは1時間ほどかかるのですが、
その価値は十分にあると思います

カンボジアを訪れる際には、ぜひ地雷博物館とともに見学なさってください!






今日もポチリと一押しご協力お願いします
m(_ _)m




| Books | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://circulations.blog26.fc2.com/tb.php/494-fc33c8b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。